独立・起業を目指す人のお役立ちサイト

経営方法を選ぶポイントは

個人経営から法人経営にする方法も

事業を始めるに際しては、税務署に出向いて所定の手続きをする必要があります。
そのとき、「個人事業主」として届出をするのか、「法人」として届出をするのか、あらかじめ決めておくことが大切です。

特に、法人として届出するためには、定款作成や登記などが必要であり、その準備期間だけでなく、費用の準備も不可欠だからです。
また、事業を廃止する場合、法人のほうは手間暇だけでなく費用もかかります。
縁起でもない話ですが、起業に際しては、先のことを考えることも大切です。

なお、法人経営にすると、社会的な信用が高いというメリットがあります。
売上の見込みが低い場合は個人事業主、ある程度の売上が期待される場合は法人を選ぶことも選択肢のひとつです。
また、個人経営からスタートして、法人経営を目指す方法があることも知っておきましょう。

迷ったら専門家に相談しよう

事業を始めるときは、開業に関する手続きはもちろん、かかる税金の種類を把握する必要があります。
また、税務申告も不可欠で、そのためには日頃の経理が鍵を握ることがわかりました。

ちなみに、個人事業主の税務申告は「確定申告」、法人の場合は「決算申告」で、それぞれの期限内に行なうことが大切です。

税務申告に必要な書類の作成や、日頃の経理は難しい場合も多いため、税理士など専門家に相談することを考えましょう。
特に、法人経営する場合、経営者や従業員が対処するのは限界があるかもしれません。

税理士に経理を依頼することで、その時間を有効活用できるメリットがでてきます。
なお、税理士を探すときは、必要書類の作成だけでなく、いろいろなアドバイスをもらえる税理士事務所が理想的といえるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る